自分の顔太りのタイプを知ろう

自分の顔太りのタイプを知ろう

ほとんどの人が、ダイエットの経験はあると思われますが、ダイエットに取り組む前に、自分の肥満タイプを知ってからそれに合った方法で進めていきますね。洋ナシ型なのか、りんご型なのか、といった風にです。

 

タイプに合ったダイエット法があり、合った方法で行うと、効果もあらわれやすくなります。これは、顔でも同じです。

 

肥満で顔が丸くなってしまったのか、むくみが原因で顔が丸くなっているのかなどを知る事が大切です。

 

体重が増加し、明らかに脂肪がついたとされる場合は、運動する方法が良いと考えられます。顔のエクササイズを行い、小顔ダイエットをしていきましょう。

 

むくみが原因で、顔が丸くなってしまった場合は、マッサージを行う事をお勧めします。むくみは、体に水分が滞留してしまったために起こるもので、血液やリンパ液の循環が悪くなった事が考えられます。

 

ですから、顔のマッサージで、溜まった水分を循環させ、むくみを解消させます。正しいマッサージを行い、小顔を手に入れましょう。

 

他に、自分では気付きにくいのですが、知らず知らずのうちに歯を食いしばったり、歯ぎしりしていると、顔の筋肉が固くなり、がっちりした顔に見える場合があります。こういった場合は、固くなった筋肉をほぐすようなマッサージを行うと良いでしょう。

 

逆に、筋肉が緩んでぽっちゃりしている場合は、引き締めるようなエクササイズをし、シャープなフェイスラインを手に入れましょう。骨盤の歪みから、顔がぽっちゃりする事もあるそうです。

 

骨盤体操で、歪みを改善させるようにしましょう。自分のタイプを知り、正しい方法で小顔ダイエットを行う事が成功への近道です。


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


エルセーヌ


楽天オススメ商品


アドセンス広告